事例を生かそう

ハウス

広すぎてもダメ

天井と広さがあるリビングは開放感があり、部屋全体が明るくなりますが逆に広すぎても冷暖房の効率が悪くなるだけなので適度に広くする必要があります。引き戸をつけて事由自在に仕切れるようにすれば電気代の節約にもなります。

オープンキッチンが裏目に出る

リビングが見渡せるという理由からオープンキッチンにする家庭が増えています。しかし、生活感が丸出しの台所が来客の目に飛び込んでくるので恥ずかしい経験をしたという方もいます。立ち上がりを付けるとある程度は隠せます。

窓を付けたのに活用されない

光を多く取り入れようと、大きな窓にするのは至って普通です。しかし、大きくした結果向かいの家の中が見えたり、通りがかる人の視線が気になったりするので一日中カーテンを閉めっぱなしにしているお宅もあります。

コンセントが足りない

多めに作っても、必要な場所になければ意味がありません。電化製品や家具などを置く場所を先に決めて、どこにコンセントが必要かヒアリングをしましょう。ここができていないと、結局延長コードを使う羽目になります。

設備投資は慎重に

自由度が高いので浴槽にサウナを付けたり、食器洗浄器を付けたりしたけど使ったのは数回だけで後は放置というケースもあります。厚木で注文住宅を建てる際は本当に必要な設備なのかライフスタイルと相談しましょう。

広告募集中